遠近両用眼内レンズ(多焦点IOL)


これまで、白内障の手術に使われていた眼内レンズは、一定の距離にあわせた「単焦点レンズ」でした。
このため、手術を受ける人の生活スタイルに応じて、ピントを遠くにあわせるか、近くにあわせるかを選択してレンズを入れていました。

しかし、このレンズは、焦点を遠くにあわせて手術した場合は、近くが見えにくく、また、焦点を近くにあわせて手術した場合は、今度は遠くが見えにくいというデメリットがあり、そのため、手術後も、メガネなどでの矯正が必要でした。

しかし、最近は、老眼と白内障の画期的な治療法として「遠近両用眼内レンズ」が登場しました。この遠近両用眼内レンズを目に入れる手術は、従来の白内障治療では実現できなかった老眼治療にも対応した「遠くも近くも見える」治療法です。
遠距離から中距離、近距離まで、メガネなしで日常生活を過ごせるクリアな視界が期待できます。
遠近両用眼内レンズは、特にスポーツをする中高年の人や、パソコンをする中高年、老眼と白内障の症状が出ている人に向いています。

この手術は、今や欧米のみならず、日本国内での症例数も増加しています。
また、手術方法そのものは従来の白内障手術と全く変わらないため、白内障手術の経験豊富な眼科専門医が行なえば安全性が高いものであるといえます。

なお、この手術では、術後にもし近視・遠視・乱視の度数に多少のずれが残った場合でも、エキシマレーザーを使ったレーシックで微調整を行うことが可能です。
神奈川クリニック眼科では、この手術を受けた人には、さらに目に負担が少ないイントラレーシックによる補正を無料で実施しています。