角膜内リング


角膜内リングは、ハードコンタクトレンズと同じ素材で作られた2本のリングを、角膜実質内に埋め込むことで、視力を矯正する方法です。
このレンズを埋め込むことによって、角膜の中央のカーブを平らにし、近視を矯正します。

円錐角膜という病気がありますが、これは、角膜が薄くなり、前方へ円錐状に突出する病気です。
この病気は、近視または不正乱視の原因となります。角膜内リングは、進行した円錐角膜に対する最先端の治療法です。
角膜内レンズには、乱視軽減効果もあります。また、角膜が薄い人でも手術が可能です。
円錐角膜で、メガネやコンタクトレンズでの視力矯正が難しい人が角膜内リングを入れる手術をすることが多くなっています。

角膜内リングによる視力矯正法は、挿入したリングを取り除けば、もとの状態に戻すことができるという点が安心です。
また、レーシックだけでは治すことができなかった強度の近視でも、レーシックに角膜内リングを組み合わせることで、目標とした視力にまで回復することができる場合があります。

角膜内リングを挿入する方法は、まず、レーシックと同じように、角膜にフラップを作り、レンズを角膜実質の上に乗せて、フラップを元に戻します。
レンズは、とても薄い素材でできています。
もし、手術後に、視力の度数の変化があった場合にも、レンズを交換することでその時の自分に合った視力を得ることができます。
また、レーシックなどでは矯正が難しいとされている中等度の遠視の場合でも、矯正が可能になります。