フェイキックIOL


フェイキックIOLとは、有水晶体眼内レンズという人工のレンズを入れることで、近視や遠視、乱視などを矯正する手術のことです。
「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれています。

この手術方は、元々は、白内障の手術を応用して生まれたものです。
白内障の手術では、白濁した水晶体を取り除きますが、フェイキックIOLでは、水晶体はそのまま残し、眼内レンズを挿入するという方法を取ります。

フェイキックIOLの最大の特徴は、レーザーを使わない視力矯正法だということです。
つまり、角膜を削ることがないので、角膜の厚さに関係なく手術することが可能です。
このため、レーシックなどの他の視力矯正法で手術ができないと診断された人でも、フェイキックIOLでなら、視力矯正が可能になる場合もあるのです。
また、手術後、万が一、何か不都合が生じた場合にも、挿入した眼内レンズを取り出すことで、もとの状態に戻すこともできるので、その点は安心です。

しかし、レーシックなどは両目同時に手術が可能ですが、フェイキックIOLの場合は、数週間の間隔を空けて片目ずつ手術を行います。
また、この手術方は、メスを用いて眼を開く手術であるため、医師の腕によって違いが生まれる場合もあります。
レーシックと比較すると、視力の回復にも若干時間がかかります。
そして、まだそれほど普及していないため、費用もレーシックと比べるとかなり高額になっています。