ウェーブフロントレーシック


ウェーブフロントレーシックは、これまでは不可能だった眼球や角膜の微妙な歪みをウェーブフロントアナライザーという高精度の検査機器で測定し、そのデータを元にレーザー照射を行うレーシックです。
これにより、レーザーの当たっている部分と、当たっていない部分との境界を、よりなめらかにつなぐことが可能になりました。

これまでのレーシックでは、術後、特に夜に、光が反射したり、ぼやけたりするようになったりというハロー・グレア現象が起こることがありました。
この原因は、レーザー照射部分と、それ以外の部分との境目で生じる光の散乱が原因と考えられていました。
このため、この境目の収差を矯正することで、通常のレーシックよりさらに視界のぼやけやにじみが改善されました。
これにより、術後の見え方の質が向上することが期待されています。

従来のレーシックではエキシマレーザー照射が一様でしたが、ウェーブフロントレーシックでは、一人一人の目の状態に合わせた治療が可能になったことから、より優れた視力回復手術であるといわれています。
そしてレーシックでは治療が困難とされてきた強度近視や強度乱視、更には眼鏡やコンタクトレンズでも矯正不可能な不正乱視の人でも治療ができる場合があるということでレーシックと比べ適応範囲の幅も広がりました。
つまり、ウェーブフロントレーシックは、更に精度を上げたレーシックとい位置づけることができるのです。

ただし、ウェーブフロントレーシックは、マイクロケラトームによってフラップを作成するため、角膜が比較的薄いとされる人は受ける事ができません。
そして、レーシックと比べると、費用も掛かるというデメリットもあります。