フレックスPRK


フレックスPRKは、エキシマレーザーで角膜の上皮を取り除いてから、角膜の屈折力を矯正するためのエキシマレーザーを照射するという視力矯正法です。

現在行われている通常のレーシック以前から行われていたPRKは、エキシマレーザーで角膜上皮を一様に取り除くことが困難だったため、術後の視力が不安定だという弱点もありました。
しかし、その後、その問題をカバーしてくれるフレックスPRKが誕生しました。
フレックスPRKでは、フレックススキャン機能のあるエキシマレーザーを使い、角膜に均一なレーザー照射を行うことを可能にしました。

フレックスPRKは、フラップを作らない治療法であるため、フラップの作成不良のような合併症のリスクもありません。
また、激しいスポーツをする人にも向いています。また、角膜が薄い人にも向いているのです。
このように、フレックスPRKは、レーシックよりも適用範囲が広いというのも魅力的です。

フレックスPRKは、レーザーを使用して角膜の厚さを調節し、治療する方法なので、一般的には「レーシック」の一種として分類されますが、フラップを作らない治療法であるという意味においては、「レーシック」に分類されないこともあります。