コンチェルトスーパーイントラレーシック


レーシックでフラップを作る時に使うエキシマレーザーの世界最高性能を誇るコンチェルトを使ったレーシック手術のことを、コンチェルトスーパーイントラレーシックといいます。
イントラレーシックの中でも、コンチェルトを使ったものが、現在、最も理想的なイントラレーシックであるといわれています。

コンチェルトの正式名称は、ウェーブライト社のアレグレットコンチェルトです。
この機械は、1台約1億円ととても高額です。しかし、コンチェルトの性能の高さは明らかで、平均的な近視であれば、レーザーの照射時間は約5秒ほどで済んでしまいます。
手術時間も、トータルで10分で終了という驚くべき早さです。このコンチェルトを日本国内で導入しているのが神奈川クリニック眼科です。

手術時間が短時間で済むということは、手術を受ける人のストレスの軽減はもちろんのこと、手術の精度や安全性が高まるということになります。

さらに、コンチェルトは、レーザー照射中にリアルタイムで角膜の厚みや水分量を知ることが可能になるという優れた機能があるので、これまで以上に的確に状況を判断できるようになり、更に安全性が高まりました。
また、従来機よりも角膜切除量が少なくて済むため、強い近視や乱視の人の手術も可能となり、手術適応の幅が広がりました。