CRスーパーイントラレーシック


CRスーパーイントラレーシックとは、従来のレーシックよりもさらに安全性と精度が高まった視力矯正手術のことです。

CRスーパーイントラレーシックがそれまでのレーシックと異なる点は、角膜にフタ状のフラップと呼ばれる部分を作成する際に、高精度な医療用レーザーを使用するという点です。

それまでのレーシックでは、マイクロケラトームという機械で、角膜の表面を削り、フラップを作成していたのですが、CRスーパーイントラレーシックでは、マイクロケラトームの代わりに、高性能のレーザーを用いてフラップを作成することで、より安全性と精度が高まりました。
神奈川クリニック眼科のCRスーパーイントラレーシックで、フラップ作成に用いるレーザーには、最新の上位機種イントラレースFS60レーザーが使用されています。

イントラレーシックでは、フラップ作成における全ての手順をコンピューターコントロールで行うため、フラップの厚みや大きさ、ヒンジ(フラップを支える部分)の位置・長さなどの自由な設定が可能です。
このため、角膜の形状が特殊なために、これまでレーシックを受けることができないとされていた人でも、安全にレーシックを受けることができるようになりました。

このような、レーシックの進化系ともいえるCRスーパーイントラレーシックが、神奈川クリニック眼科でならば、業界内でも驚きの低価格で受けることができます。