神奈川クリニック眼科の適応検査法とカウンセリング


神奈川クリニック眼科では、レーシックなどの視力矯正手術の前には、必ず適応検査が行われています。
適応検査は、国家資格を有する視機能検査のエキスパート
「ORT(視能訓練士)」によって行われ、その結果をもとに、医師が手術が可能かどうかを診断します。


レーシックは、安全な視力回復手術ですが、手術を受けたいと希望している人の目の状態によっては手術が行えない場合もあります。
このため、事前に検査と診察を通して、安全で効果的に手術が行えるような状態かを診断しなくてはなりません。

適応検査で得られる精密な検査結果は、レーシックなど視力回復手術適応の診断には欠かすことができません。
角膜の厚さや、視力の度合いなどは、特に重要になってきます。

適応検査と医師の診断結果をもとにして、今度は、手術の相談に乗ってもらえるカウンセリングが実施されます。
このカウンセリングでは、専任スタッフが検査結果や手術に関する注意事項などの詳しい説明をし、質問に丁寧に答えてくれます。
このとき、疑問に思っていることや不安などについての説明を受けることが可能です。

適応検査の予約は、オンライン予約フォームからも気軽に行うことができます。