神奈川クリニック眼科の院長と各医院


日本眼科学会のガイドラインによると、レーシックなどの視力矯正手術は、必ず眼科専門医の手によって行わなければいけないことになっています。
しかし、実際には、眼科専門医以外による視力矯正手術が行われているようなケースもあるようです。
神奈川クリニック眼科でレーシックなどの視力矯正手術を行う際は、必ず眼科専門医によって行われているので安心です。

神奈川クリニック眼科新宿医院の院長である北澤氏は、レーシックをはじめとしたエキシマレーザーによる角膜屈折矯正手術において、国内で最も高い評価を得ている医師であり、その道の第一人者でもあります。
また、東京医科歯科大学医学部眼科学教室において「エキシマレーザー近視矯正手術」についての研究に従事し、国内外の眼科学会で研究の成果を多数発表、眼科医療に関するその功績が広く認められている医師でもあります。
1999年〜2001年にかけては、東京医科歯科大学医学部眼科講師、2004年からは東京医科大学医学部眼科客員講師を兼任しています。

神奈川クリニック眼科には、新宿院、大阪院、名古屋院がありますが、これらに在籍する医師も、全て眼科専門医であり、視力回復手術の分野で5年以上の豊富なキャリアを持っているという点でも安心です。
神奈川レーシック医院では、1991年より屈折矯正手術PRK、1996年よりレーシックを行い、当院で20,000症例以上を実施しています。
特に、エピレーシック、ラセック、フェイキックIOLの症例数では日本一を誇っている眼科です。
また、神奈川クリニック眼科は、老眼治療にも力を注いでおり、内眼手術の経験も豊富で、白内障手術においても13,000症例以上の実績があり、フェイキックIOLの指導医資格も有しています。