レーシック手術で可能になること


レーシック手術を受けると、まず、裸眼視力が上がります。これにより、メガネやコンタクトレンズでの視力の矯正の必要がなくなります。

メガネやコンタクトレンズの買い替えの手間もありませんし、
コンタクトレンズのメンテナンスや、コンタクトレンズによる目のトラブルの心配もなくなります。
そして、毎日のメガネやコンタクトレンズをつけたりはずしたりする煩わしさからも解放されます。
旅行に出かけた時なども、コンタクトレンズのケアなどに時間がかからないので、時間にも余裕が生まれるでしょう。

これまでメガネやコンタクトレンズを使い続けていた人がレーシックを受けると、まず、見える、ということに感動するようです。
朝、起きた瞬間から、夜、寝る瞬間まで、視界がクリアなわけです。
初めは、見えすぎて戸惑う人もいるようです。

メガネやコンタクトレンズでは何かと不便だった
ウィンタースポーツやマリンスポーツなどが、思う存分楽しむことができるようになります。
常にメガネをかけていた人は、おしゃれの幅も広がるかもしれません。
また、これまで目の疲れからきていた、頭痛や肩こりが、レーシック手術後に改善したという人も多いようです。
このように、レーシック手術後は、生活のあらゆる場面において、快適度が増すことは間違いないでしょう。