レーシックとコンタクトの費用の比較


レーシック手術に掛かる費用は、少し前と比べると、かなり安くなってきました。
少し前までは、レーシックは、芸能人やプロスポーツ選手などの特別な人だけのものという感じでしたが、今や、あちらこちらでレーシックを受けたという人の話を聞くことができます。
それだけ日本でも、レーシックなどの視力矯正手術が浸透してきたということがいえます。

これまで、コンタクトレンズを使用していた人なら十分お分かりでしょうが、コンタクトレンズには、様々な費用がかかっています。
当然、コンタクトレンズは一生涯使えるわけではないので、定期的な買い替えが必要です。また、紛失などで買い替えたことのある人もいるでしょう。
そして、消毒や保存液の費用も決して馬鹿になりません。そして、コンタクトレンズによるトラブルからの通院や目薬代などの出費もあります。トータルにすると、結構な出費になっています。

これが、レーシック手術を受けると、当然、裸眼での視力が回復するので、これまで使っていたコンタクトレンズは必要がなくなります。
また、サブで使っていたメガネも、必要なくなります。

レーシックは、費用の面だけを見ても、長い目で見ると、コンタクトレンズを使い続けるよりもお得だといえるでしょう。